2018年度のスタートにあたって(情報システムユーザーの動向)

  • 投稿日:
  • by

IT業界にいる者として、新たな年度の事業動向がどうなるのか常に気になるところである。

そこで今回のブログは、情報システムを保有するユーザー動向の一部が社団法人日本情報

システム・ユーザー協会から発表されたので、これを題材とする。(一部記事抜粋)

今回発表されたのは、2018年度に於けるユーザーのIT投資動向とIT投資で解決したい

経営課題他であるが、ブログでは、この2点に焦点を合わせることにする。

・2018年度のIT投資の伸びは過去10年で最高水準

調査(2017年度比較)の結果は以下の通りである。

2018年度予測 10%以上増=16% 10%未満増=24.7% 不変=45.5%

2017年度予測  同上   =13.6%    同上 =20.4% 不変=49.7%

全体の40.7%が増加、45.5%が前年度並みと回答しています。IT投資を増やす割合から

減らすと回答したDI(ディフュージョン・インデックス)は27.0ポイントで2017年度の

17.7ポイントを9.3ポイント上回るだけではなく過去10年で最も高い数値となった。

さてこのユーザーの投資意欲がどこに向かっているものなのか、IT業界の今後の事業戦略を

考える上で、もっとも大切なポイントと考える。

・圧倒的にユーザーがIT投資を通じ解決したい課題のベスト3は以下の通り。

・1位 業務プロセスの効率化(省力化・業務コスト削減)

・2位 迅速な業績把握、情報把握(リアルタイム経営)

・3位 営業力の強化

以下

IT開発・運用コスト削減、グローバル化への対応、ビジネスモデルの変革などが続く。

これらの顧客ニーズを分析すると、IT投資が効率的で生産性を伴う、ツールとして本業の

コスト削減や利益を生み出すものでなくてはならないとの、意思を感ずる次第である。

以上